結婚式をあきらめない!妊婦さんの大満足ウェディング

お金のこと

結婚式や会食、披露宴を行うとき、やっぱり気になるのは費用面。特におめでた婚の場合はその後に出産・育児を控えているので、無理な出費は厳禁です。
納得のいく結婚式と費用の悩みを解決するポイントを考えてみました。

マタニティウエディングの挙式プラン=「安い」?

生まれてくる赤ちゃんのためにも、なるべく予算は抑えて新生活にまわしたい、というのが親心。とはいえ、しっかり式を挙げたい…というのが新婦の女性としての気持ちです。

こうした希望を叶えるために生まれたのが「挙式プラン」です。

けれども、中には挙式のみのプランで10万円近くかかってしまったり、オプションをどんどん加えてかなりの高額になってしまうケースもあるようです。通常の式場の挙式プランの中には、単純に費用を加算しているところもあるようです。挙式プラン=安い、という思い込みを捨てて、しっかりコストパフォーマンスの良い式場を選ぶことがなにより重要でしょう。

費用5万円以下で、挙式・ヘアメイク・衣装・写真などのすべてがまかなえてしまう会場もたくさんあるので、賢く選んでくださいね。

ご祝儀で結婚費用をまかなえる?

披露宴を行う場合、どうしても支払額が大きくなってしまうため、見た目に予算がかかるように思いがちです。けれども、小規模披露宴を行えば、ゲストからご祝儀をいただくことができます。ご祝儀の一般的な相場は

●兄弟姉妹5~10万円
●いとこ5万円
●おじ・おば10万円
●友人3万円

です。ある程度ご祝儀でいただく額を予算だてして、ご祝儀の範囲内~+10万円で収まるようにプランナーさんにあらかじめ相談しておくとよいでしょう。ゲストの人数や内訳にもよりますが、一般的には1人2万5000円前後で収めることができると、ご祝儀内でおさまるようです。

この場合、予算を削るポイントは、装花やイベントの内容などから。ゲストをおもてなしする料理は、料金の中でも大きな割合を占めますが、料理の質を落としてしまうとゲストの満足度が下がります

もちろん、高ければおいしいという訳ではないので、試食をして確かめたり(気分がすぐれない場合は無理をしない)、口コミで味の評価が高い式場を選ぶこともポイントです。

妊婦さんにおすすめの結婚式場はこちら

 
おめでた婚を応援!妊婦さんのための結婚式ガイド